【Emacs】 Emacs 24.1 乗り換え

2012/06/10に Emacs 24.1 がリリースされました。

Gnu Emacs 24.1リリース

Linux版、Windows版、Mac版全てが提供されています。
色々と改変されているようですが、個人的には標準でelispのパッケージマネージャが搭載されている事が大きいかと。
(Emacs 23には無かったですよね?el-get入れたりして対応していましたが)
それとテーマの選択が出来るようになったようで、長らくお世話になっていたcolor-themeから乗り換えられそうです。
私的な見解ですが、マルチプラットフォームで複数台のPC環境を使う場合は、この手のツールは標準パッケージのまま使うことが望ましいと考えています。というのも、全数カスタマイズしてたら気が遠くなるし。
今回はMac版を最初にアップデートしましたので、これからLinux版をアップデートする予定です。

Author: kan
初めてプログラムらしきものを作ったのは幼稚園の時。それから約40年経ち、現在はデジタル回路設計から信号処理、機械学習まで幅広い経験を活かしてシステムアーキテクトとして活動中。超並列処理、デジタル回路とソフトウェアのバランス設計が得意分野。 Linux/Mac/Windows使い。 C/C++を主要言語として、Unity、Qtなどのフレームワーク興味あり。UI/UXデザイン、STL拡張など。 音声処理、画像処理、技術コンサルは仕事でも請け負います。 一般ソフトウェア開発プロセス、医療機器ソフトウェア開発プロセス作成も進行中。

2 thoughts on “【Emacs】 Emacs 24.1 乗り換え

  1. 初めまして。24.3でcp5022x.elをお使いでしょうか。自分の24.3ではうまく使えませんでした。

    1. 24.3ではcp5022x.elを使ってないですねぇ。メール環境等含めてutf-8への移行がほぼ完了したため、cp5022xを使う理由がなくなってしまったのが理由です。24.1では使えていたと思いますけど…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください