【Emacs】 howm 1.3.2 with Emacs 23.0でコメントのハイライトが無効になる

(2009/01/08の投稿)

通常はちゃんとfont-lockが有効になってて、Emacs LispやらCのソースやらアセンブラとかのソースを見ると思った通りに色付けされているのだけど、一旦"CTRL-, ,"でhowmを起動すると大部分のフォント色設定が外れてしまう[E:wobbly] う〜、こりゃ不便だ。

Emacs 23でhowm 1.3.2を使った時に各モードのコメント行のハイライトが無効になってしまう問題があって悩んでたんやけど解決しました。どうやらhowm 1.3.2の問題やったみたいで、1.3.6以降なら正常に動作するみたい。やっぱり最新のhowm 1.3.7に乗り換えました。これで万事快調[E:happy01]

残念ながらubuntu 8.04 LTSではhowm 1.3.2パッケージしか用意されていないので、手動でインストールしなくちゃならんのです。という事で、覚書きしておこうっと。

howm 1.3.7 with Emacs 23.0 on ubuntu 8.04 LTS インストール方法

  1. Synapticパッケージマネージャでhowm 1.3.2をアンインストール
  2. こちらからhowm 1.3.7をダウンロード
  3. howmをバイナリコンパイル
  4. emacs-snapshotのsite-lispに*.elcを移動&.elをシンボリックリンクする

howmのバイナリコンパイル方法

$ tar -zxvf howm-1.3.7.tar.gz
$ cd howm-1.3.7
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

ubuntu 8.04 LTSのEmacs 23.0は、実際には/usr/share/emacs-snapshotにインストールされているので、*.elcファイルはそちらに存在していないと読み込めないです。他のelispパッケージは*.elを/usr/share/emacs/site-lispに保存して、emacs-snapshot/site-lispではシンボリックリンクになっていました。*.elcはsnapshot側に実体を持つようです。バージョンに依存しないソースはemacs側に置いておいて置くという事ですなぁ。

*.elcのインストール

$ cd /usr/share/emacs-snapshot/site-lisp
$ sudo mkdir howm
$ sudo mv /usr/share/emacs/site-lisp/howm/*.elc .
$ sudo ln -s /usr/share/emacs/site-lisp/* .

これで、普通にemacs起動すれば(既にhowmの設定がされていれば)正常に動作しましたです。
ふぅ、良かった良かった。

Author: kan
初めてプログラムらしきものを作ったのは幼稚園の時。それから約40年経ち、現在はデジタル回路設計から信号処理、機械学習まで幅広い経験を活かしてシステムアーキテクトとして活動中。超並列処理、デジタル回路とソフトウェアのバランス設計が得意分野。 Linux/Mac/Windows使い。 C/C++を主要言語として、Unity、Qtなどのフレームワーク興味あり。UI/UXデザイン、STL拡張など。 音声処理、画像処理、技術コンサルは仕事でも請け負います。 一般ソフトウェア開発プロセス、医療機器ソフトウェア開発プロセス作成も進行中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください