【C/C++】 iostreamのマニピュレータ

iostreamのマニピュレータ一覧を載せておこうっと。
使い方は cout << マニピュレータ とか cin >> マニピュレータでOK。
マニピュレータを使う場合は #include <iomanip> しておく。

8進数                oct
10進数              dec
16進数              hex
改行                 endl  (ostreamのみ)
NULL文字          ends  (ostreamのみ)
フラッシュ           flush  (ostreamのみ)
空白削除           ws    (istreamのみ)
基数設定           setbase(n)   n=0,8,10,16
幅指定              setw(n)
フラグのリセット  resetiosflags(i)
フラグのセット    setiosflags(i)
文字埋め          setfill(c)
精度設定          setprecision(n)    n:桁

Author: kan
初めてプログラムらしきものを作ったのは幼稚園の時。それから約40年経ち、現在はデジタル回路設計から信号処理、機械学習まで幅広い経験を活かしてシステムアーキテクトとして活動中。超並列処理、デジタル回路とソフトウェアのバランス設計が得意分野。 Linux/Mac/Windows使い。 C/C++を主要言語として、Unity、Qtなどのフレームワーク興味あり。UI/UXデザイン、STL拡張など。 音声処理、画像処理、技術コンサルは仕事でも請け負います。 一般ソフトウェア開発プロセス、医療機器ソフトウェア開発プロセス作成も進行中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください