【Emacs】 カーソル位置の単語や文章をバッファに格納

Emacsで便利に良く使う機能の紹介。
文字列をコピーする時は・・・

  1. Ctrl+Spaceでリージョンの先頭を指定
  2. Ctrl+F/B/P/Nでカーソル移動(別にページジャンプや段落ジャンプでも良いけど…[E:gawk])
  3. ESC+wでリージョンをkill-ringにコピー
  4. C-yで貼り付け

という手間になります。まぁ、これはこれで慣れていれば問題ないし、そもそもカーソルの移動系が強烈に強力なEmacsでは特に不自由なかったりもする。(Emacsユーザが時に何やっているのか付いていけないと言われる原因がこのカーソル移動にあると思う・・・)

でも、カーソルのある場所の単語や文字列を簡単にリージョン設定できたらメッチャ便利やなぁと思っておったのです。そこで、current-string-to.elのご紹介。作者さんに感謝感謝。
後は.emacsにこんな感じで設定します。2行目は日本語対応のためのようです。

(require ‘current-string-to)
(setq current-string-to-delimiter-regexp current-string-to-delimiter-regexp-jp)

これを導入すると、

Ctrl+Space,Ctrl+Space                ・・・ カーソル位置の単語をリージョンに設定
Ctrl+Space,Ctrl+Space,Ctrl+Space ・・・ カーソルのある行をリージョンに設定

という事ができます。後はお好きにkill-ringにコピーするなり、killするなり・・・。

中々便利ですなぁ。

Author: kan
初めてプログラムらしきものを作ったのは幼稚園の時。それから約40年経ち、現在はデジタル回路設計から信号処理、機械学習まで幅広い経験を活かしてシステムアーキテクトとして活動中。超並列処理、デジタル回路とソフトウェアのバランス設計が得意分野。 Linux/Mac/Windows使い。 C/C++を主要言語として、Unity、Qtなどのフレームワーク興味あり。UI/UXデザイン、STL拡張など。 音声処理、画像処理、技術コンサルは仕事でも請け負います。 一般ソフトウェア開発プロセス、医療機器ソフトウェア開発プロセス作成も進行中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください