【ubuntu】 ubuntu kernel-2.26.24-23 その後

2009/01/09に投稿した件

ひとまずアップデートしました。
結果は再起動後に。[E:happy01]

やっぱりトラブりました。[E:weep]

kernel 2.6.24-23で起動するとVirtualBoxが起動しない。

Screenshotvirtualbox_error_in_supli
vboxdrvが起動していないって怒られた。

あれ〜っと思って、sysv-rc-confでチェック。

sudo sysv-rc-conf

Screenshotkankanpc
ちゃんと起動設定されている…

んじゃ、手動での起動を試みるも…

$ sudo /etc/init.d/vboxdrv start

* Starting VirtualkBox kernel module

* No suitable module for running kernel found

あぅ[E:sign01][E:coldsweats02] host OSのkernelバージョンに対応するkernel moduleがないって。

「ん〜、そうやろなぁ。アップデート直後でmoduleが含まれているはずないわなぁ」

仕方がないので、再度VirtualBoxのパッケージをチェック。

Screenshot_virtualbox21ん〜…

ん〜〜…

ん〜〜〜…

・・・やっぱり無いです。kernel 2.26.24-23のmoduleが。

という事で、kernel 2.6.24-22に戻すことにしました。

sudo gedit /boot/grub/menu.lst

として、kernel 2.6.24-23-genericと(recovery mode)の記述(計8行かな?)をコメントアウト

(ちょっとお茶でいっぷく中)

ふと・・・最初のメッセージを良く見てみた。

/etc/init.d/vboxdrv setupをせい!

と書いてある。実行してみた。

$ sudo /etc/init.d/vboxdrv setup

* Recompiling VirtualBox kernel module

お・・・[E:coldsweats01]

無事起動しました。[E:sweat01]

つまりkernelのマイナーバージョンが変更された時は、対応するVirtualBoxのkernel moduleを再生成すれば良いのですな。解決しました。

その他のアップデートはそのままでも問題なさそう。

Author: kan
初めてプログラムらしきものを作ったのは幼稚園の時。それから約40年経ち、現在はデジタル回路設計から信号処理、機械学習まで幅広い経験を活かしてシステムアーキテクトとして活動中。超並列処理、デジタル回路とソフトウェアのバランス設計が得意分野。 Linux/Mac/Windows使い。 C/C++を主要言語として、Unity、Qtなどのフレームワーク興味あり。UI/UXデザイン、STL拡張など。 音声処理、画像処理、技術コンサルは仕事でも請け負います。 一般ソフトウェア開発プロセス、医療機器ソフトウェア開発プロセス作成も進行中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください